久しぶりにいっぱい買って楽しんだもの

家で「ちょっとお茶しようか」ということになるとどうしても何かつまむお菓子が欲しくなります。
スナック菓子系の塩辛いものやおせんべいなどはお腹が空いているときにはいいのですが、ちょっと一息のお茶の時間はやっぱり甘いお菓子の出番だと想うのです。

我が家に常備してあるのはビスケットやクッキーの類ですが、家族それぞれの好みもあって数種類が常備してあります。
誰でも食べられるマリータイプからチョコチップ・ダイジェスティブ・チョコレートが片面に塗ってあるものなどはいちどあけると取り合いになります。

最近のニュースでオレオが話題になりました。
製造会社が変わるようですが、これからも店頭には並ぶということなので食べられなくなるということではないから安心しています。
最近はご無沙汰していたのですが、ニュース記事を読んでいるうちに久しぶりに食べたくなって買い物のついでに複数パック買い込んでしまいました。
なぜか2枚のビスケットでクリームがはさんであるのをわざわざ一枚ずつにわけるのがお気に入りの食べかたです。
上手にわけないと片方だけにクリームがついていて、もう片方はただの黒いビスケットになるのです。

衣をつけて揚げても美味しいそうなので、今度やってみようと楽しみにしています。

ペペロンチーノとペペロンチーニ、どっちが正解?

先日、自分用手抜き昼食を買うために、近所のスーパーへ行ってきました。
お目当ては、温めるだけで食べられる冷凍食品のパスタです。
手軽で結構おいしいので、ここ数年よく利用しています。

そこで、あれ?と思ったことがありました。
「ペペロンチーニ」という商品があったのです。
これって、ペペロンチーノの間違いじゃないの?と思ったのですが、そんな初歩的な間違いはしないですよね。

ペペロンチーノとペペロンチーニ、どんな違いがあるのか気になって調べてみると、その語尾の違いは単数形か複数形かということだけみたいです。
日本ではペペロンチーノですが、イタリアでの名称は、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノなのだとか。
和訳すると、にんにくと油と唐辛子という意味だそうです。
しかし、唐辛子が一本使われているとペペロンチーノで、2本以上使われるとペペロンチーニと言う訳ではありませんよ。
語尾の違いだけで、どちらも同じ料理なんですね。

ネイルサロンで可愛くネイルしてもらいました

ずっとネイルはセルフで塗っていました。
最近は100円ショップでも発色のいいネイルが売っていますし、細い筆を買って、後はネイルシールを貼ってみてもそれなりになります。
でも私はちょっと不器用なので、色ムラが出来てしまったりするのです。
そこで、今度友人の結婚式もある事だし初めてネイルサロンへ行く事にしました。

ネイルサロンってとてもお洒落な空間で、私が入ってもいいのかなって少し気後れしてしまうのです。
でも勇気を出して予約して行ってみると、ネイリストさんも気さくで話しやすかったです。
それにとても落ち着ける空間造りがされていて、可愛いネイルもしてもらえましたし、行ってよかったと感じました。

してもらったのは、下地が薄黄色に所々白い花の模様が描かれたデザインです。
大人しめで上品なデザインなので、普段の服にも合わせやすいなと思います。
とってもお気に入りで、落とすのが勿体ないです。

なるべく長持ちしてくれるといいなあと思います。