子育てと自分のやりたいこと

この季節は風邪やインフルエンザなどが流行っています。
小さい子供を持つ私にとっては軽はずみに人が多く集まるショッピングモールには行けません。
一つの暇つぶしがなくなり、出掛ける場所も限られています。
寒いのもありますので、最近は家の中で過ごしたり近所の公園で遊ばせたり、そんな生活を送っています。
家の中での過ごし方は子供のおままごと遊びに付き合ってみたり、絵本を読んであげたりしています。
嫌々盛りの子供を相手につい気持ちに余裕がなくなったりしてしまいます。
気持ちに余裕があるときは、一緒にお菓子作りをしたり、一緒にって言っても簡単な作業を少しだけ子供にさせているだけですが、
子供からしてみればそれは凄く楽しいことなんだと思っています。
一日に一回はお昼寝をしますので、その空いた時間に自分の趣味?と言うかやりたいことをやっています。
長い時間ではないですが、少しの間だけ子育てから解放され自分のやりたいことが出来て嬉しいです。
子育ても大切ですが、自分の時間もこれから大切にしていきたいです。

折り紙手裏剣を大量生産中

幼稚園に通う息子のマイブームは手裏剣。お友達からもらったと嬉しそうに折り紙の手裏剣を持って帰ってきたのをきっかけに、自分でも作りたいと言いだしました。ネットで作り方を調べて、初めは基本の手裏剣を一緒に作りました。息子は端と端をそろえるんだよーと教えてもなかなかきれいに折れず、私がこっそり修正しながら作っていたらスネてしまい、そのうち息子は色を選ぶ係。母は折る係。となっていました。途中から1枚の折り紙を正方形に4等分してから折るものや、長方形になるように半分に切って2枚にしたものを4つ使って折る手裏剣を見つけたので、「スペシャル手裏剣だよ~」と折ってあげたら大喜び。切る部分を息子にお任せしてみたら、初めは曲がったり途中切りにくくなって引きちぎったりしていたのが、だんだん真っ直ぐ切れるようになりました。息子が切って、私が折って組んでと内職のように作り続けていたら、折ったり組んだりすることにもまた興味を持ちはじめ、最近は息子も一緒に折れるようになり、私が押さえてあげると組むこともできるようになってきました。子供の指先も日進月歩で成長していくんだなあと感動

図書館へ行きました

市の図書館はとても古かったのですが、1年ほど前に新しく建てられてピカピカになりました。
場所も遠かったのが、以前よりも近くなったので行きやすくなって嬉しいです。

先日、子どもを連れて図書館へ行くと、ちょうど絵本や紙芝居の読み聞かせをやっていました。
なので、まず子どもと一緒にその読みきかせを聞きました。
知らない絵本でしたが、おもしろかったですし、子どもも興味深そうに集中して見ていました。

その後、絵本のコーナーでどの本を借りようか探しました。
見たことのない絵本ばかりで、いつも迷ってしまいます。
オススメのように目立つところに置いてある絵本をいくつか借りてきました。

子どもが2人いるので、両方の月齢にあったような絵本を選んだつもりです。

他にも、旅行や料理の本を借りたりもしたかったのですが、子どもがいるとなかなかゆっくり探すこともできず、サッと見るだけで適当に借りてきました。
家で絵本を読み聞かせると、数回読んだだけで結構覚えていて、一人で絵本をめくりながら読んでいたのですごいなと思いました。